理想の賃貸物件と家賃の壁について。いろんな条件をあげていくと、高い家賃のところしかなくなります。

理想の賃貸物件と家賃の壁
Pagelist


理想の賃貸物件と家賃の壁

理想の賃貸物件と家賃の壁

賃貸物件を探す上で、注意したほういいポイントや、他人の失敗談などがネット上にあふれています。そういうものに目を通していると、自然と条件がいろいろ増えていくことになるでしょう。でもそれなら良い物件を探せるはず、と自信もつきますよね。しかし、実際には住む場所や家賃の条件など、シンプルな縛りがあるわけです。その中で、いざ物件を探してみると、どうやらこれは避けたほうがいいような物件しかない、という状況もでてくると思います。こうなると、発想の転換を迫られるかもしれません。一つは条件をゆるめてみる。

二階じゃなくて一階でもいい。ユニットバスでもいい。少し部屋が狭くてもいい。など、条件をゆるめていくしかないこともあるでしょう。あるいは、家賃を少しあげてみるということもあると思います。お給料の無理のない範囲で、払えるぎりぎりを狙ってみると、条件のいい物件も増えるはずです。家賃を安くしてそのぶん貯金しよう、などと考えていたひとにとってもは予定外のことになるかもしれません。実際に物件を見てみると、なかなか理想には程遠いな、ということもあるかもしれませんが、現実を知るのもいいことですよね。ゆるめる条件を何にするか、でも物件数の増え方や暮らしやすさは変わってくるかもしれませんね。